力木はいつも、いろいろ考えてはいますが、スタンダードにやっていくことにしました。マーチンとは少し違います。このパターンは低温から高温までバランスがすごくいいということは分かっています。ウラ甲は栗の木のように見えますが、たぶん違います、材料の名前は不明です。力木は4本ではなくて3本。後は、接着面をカンナで仕上げ、甲付けをしていきます。この時にセンターは絶対間違えないように、これ基本ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください