生地が完成したら塗装。ウレタン塗装です。側、ウラ表は多少オイルステインで着色。最後、水研し(#1500~#2000)し、バフをかけて、つやを出します。ブリッチの形をデザイン、半分の型を利用し左右作り、シマコクタンの加工をしていきます。指板の掃除をして、ブリッチを接着(アロンアルファ)後は弦の穴を正確に計算して開けます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください