表甲、ウラ甲の削りが終わったら甲付けの準備をします。胴をカンナがけして甲付けをするのは至難の業、私は36mmベニヤに両面テープでウラ、表、3枚づつの#100のサンドペーパーを貼って枠に入れて、固定した胴をサンダーします。これは結構いろいろなものに使えて便利だと思います。ウラ甲を最初に接着して、中のボンドのはみ出しをきれいにし、サインもします。そして表甲の接着。「ん……!」「いい感じになってきたぞ。……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です