パーフリングが終わったら、バインディングです。これもちゃんと曲げて型を作り巻いていきます。セルロイドを巻くのとは全く違ってかなり苦労しました。価値のある楽器を作るのが私の目的、頑張ります~。

ボディが完成したら、次はネックを作っていきます。芯にハカランダのメイプル、ヘッドの化粧板にケヤキを使用します。インレイにはメキシコ貝、アワビ貝、ケヤキ、コクタンを使用。次にネックのセット、センターと角度を全体間違わないように。ベロの部分も加工して手作りのアジャストロッドを埋め込みます。あとは指板を接着し、インレイをデザインし、埋め込んでいきます、メキシコ貝、アワビ貝、ケヤキ、小さなハートマークに白丁貝を使用。フレットを打つ前に一度完全にサンダー、もちろん指板面にはRがあります。フレットを打ったらあとは生地研磨して、これで生地が完成です。サイドをヤスリで落としフレットより少し高くケヤキを接着し、フレットのハシの部分を残し削っていき、徐々に仕上げていきます。ネックの削り(気を使いますね!)が終わったらあとは生地研磨して、これで生地が完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください