表甲の丸のサウンドホール、もう見飽きてきましたね。力木も今回、ちょっと考えがあってやってみました。

さあ、今度は側板のプレス鉄カンをガスバーナーであぶり曲げていきます、型通りに曲げても多少もどるのでその分を考えて曲げていきます。ブロックを接着するためには胴組が必要です。今回は胴組と甲付け枠を兼ねた物も作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください