甲付けが終わったらメチバライをして、全体をサンダーしてセル溝をトリーマーでつき、セル(バインディング)を接着します。今回は、うめ込み(パーフリング)もなしにします。いよいよネックのセット、アリ溝でやります。まずボディの方を溝を加工し、合わせネックの方を加工します。この時、センターは絶対に間違えないように注意します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください