側板の長さ、厚みを決めたら一日ぐらい水につけておきます。ちゃんと型にはめたらブロックを接着します、ボディの厚みを決めバッグボールの削りをしますが、これはちょっと説明するのがむずかしいのですね。中付けもバッグボールの形状に合わせて加工し、曲げて、接着します。中付けの出っぱりをはらってバッグボールそのものをきれいにカンナをかけます。

甲付けの前に、力木の削り、研磨、サウンドホールから見える部分にサインをします。はじめウラ甲を接着しますがただおさえても接着は出来ません。ウラ甲のラウンドに合わせた押さえ型を用意し、おもしで接着します。

表甲にも少しラウンドが有りますので、やはり押さえ型を準備します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください