ネックのセットが終わったら、アジャストロッドを埋めて、指版を接着します。指版のRを加工したら、インレイのデザイン、貝の加工、溝堀りをして、エポキシとシマコクタンの粉を混ぜたもので埋めます、この時、フレットの溝にエポキシが入らないように、セルロイド板をはさんで埋め込みます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください